9

Home

About

 

このWEBサイトは、東京都中野区・福王山慈眼寺の公式サイトです。
月1〜2回程、ブログ(WEB寺報)を主として更新しております。

 

 


 

 

福王山慈眼寺は、真言宗豊山派に所属する寺院です。
室町時代の天文十三年(1544)より始まった、慈眼寺の歴史をご紹介します。

慈眼寺を巡る
慈眼寺の境内にあるさまざまお堂や、仏さまについてご案内します。

境内案内 | map

慈眼寺の行事
慈眼寺において行われている年間行事をご紹介します。

年間行事 | event

WEB寺報 (過去の記事は下部の「もっと見る」をご参照ください)

  • 第百十五回 ある日の夕焼け
    第百十五回 ある日の夕焼け

          数日前の夕方、境内をオレンジ色の空が包んでいました。 夏の夕焼けはどこかもの悲しく、そして美しく感じるのは気のせいでしょうか。    

    0
  • 第百十四回 令和四年度 大施餓鬼会挙行
    第百十四回 令和四年度 大施餓鬼会挙行

        去る七月十六日(土)、毎年恒例となっている慈眼寺の大施餓鬼会法要を開催致しました。     この二年ほどは山内僧侶のみによる法要となっておりましたが、今回は三年振りに組寺の

    0
  • 第百十三回 令和四年度 大施餓鬼会に関するお知らせ
    第百十三回 令和四年度 大施餓鬼会に関するお知らせ

        例年七月十六日、慈眼寺では大施餓鬼会を開催しております。 今年もその時期が近づいてまいりました。     さて、周知の通り、新型コロナウイルスの感染拡大は今なお続いており、

    2
  • 第百十二回 梅雨入りとアジサイ
    第百十二回 梅雨入りとアジサイ

          6月6日、関東地方がいよいよ梅雨入りを迎えたそうです。       寒く、雨の降りしきる日々が続く今日この頃…。 つい数日前まで扇風機・クーラーが必...

    1
  • 第百十一回 新緑の季節
    第百十一回 新緑の季節

          季節が徐々に春から夏へと移りつつあります。 気温が高くなる日も多く、徐々に半袖だけで過ごせる時間も増えてきました。 先日枝下ろしをした境内のイチョウの木も、すっかり緑萌ゆる姿を見

    1
  • 第百十回 令和四年の春の花々
    第百十回 令和四年の春の花々

          暖かさを感じられる日が徐々に増え、境内を彩る花々も活き活きとしているように感じられます。   八重桜、ボタン、ツツジ…。 どの花も艶やかで美しく、すぐに散ってしまうこと

    2
  • 第百回 六地蔵像・氷川堂 案内看板修繕のお知らせ
    第百回 六地蔵像・氷川堂 案内看板修繕のお知らせ

            このたび、本堂左側に建立されております六地蔵像・氷川堂の案内看板を修繕致しました。        ...

    1
  • 第一回 「慈眼寺」という寺院名について
    第一回 「慈眼寺」という寺院名について

      このページでは、当山に勤める僧侶による、当山・福王山慈眼寺や仏教についてのコラムを掲載いたします。 第一回目は、この「慈眼寺」という寺院名にまつわるお話にて始めさせていただきます。    

    10
  • 第二回 彼岸花
    第二回 彼岸花

    本日は秋分の日です。秋のお彼岸も、早くも中日となりました。 慈眼寺では毎年この時期になると、お墓参りに訪れる方々をお出迎えするかのように咲く花があります。美しい朱色の彼岸花(ひがんばな)です。   「彼岸花」と

    4
  • 第三回 こうやくんと高野山
    第三回 こうやくんと高野山

    今月末の10月24日、2016年度の「ゆるキャラグランプリ」の投票が締め切りを迎えます。 日本全国各地で活躍する約1400もの「ご当地キャラクター」達の人気投票である「ゆるキャラグランプリ」。 歴代の優勝者には、熊本県の

    4

交通案内

福王山 慈眼寺
〒164-0011 東京都中野区中央3-33-3
TEL 03-3381-4668
FAX 03-3381-4647

東京メトロ丸ノ内線 新中野駅 3・4番出口より徒歩四分
京王バス(中71系) 鍋屋横丁より徒歩三分
京王バス(中83系) 鍋屋横丁より徒歩一分ないし四分
都営バス(宿91・王78系) 鍋屋横丁より徒歩一分ないし四分

※中野区内の他の寺院についてはこちら(http://www.nakanobukkyoukai.gr.jp)を、
真言宗豊山派の他の寺院についてはこちら(http://www.buzan.or.jp)をご参照ください。