お知らせ

  • 第五十四回 平成三十一年度 花祭り開催のお知らせ

    By on 2019年3月19日

    お彼岸の真っ最中ではありますが、毎年恒例の花祭りについてご連絡致します。   旧暦の四月八日にお生まれになったと伝えられているお釈迦さまは、 生後すぐに七歩歩き進んで「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがど

    3
    慈眼寺
  • 第五十一回 新年のご挨拶 / インド仏教聖地巡礼記録(六) ヴァーラーナシー・ガンジス河の朝日

    By on 2019年1月9日

          新年明けましておめでとうございます。 今年度も慈眼寺と当ブログを宜しくお願い申し上げます。   福王山 慈眼寺        

    0
    慈眼寺
  • 第四十三回 お盆(平成三十年)

    By on 2018年7月15日

        例年よりも早く梅雨が過ぎ去り、気付けばお盆の真っ只中となっていました。         お盆の時期の恒例行事であるお施餓鬼(せがき)は、例年通り明日十六

    2
    慈眼寺
  • 第三十九回 仏舎利塔外装工事のお知らせ

    By on 2018年5月3日

    現在、慈眼寺の境内に建立されている仏舎利塔の外装修繕工事を行っております。 築四十年近く経つ建物なので、表面の汚れ・黒ずみが目立ってきたためです。       しばらくの間は、このように外壁

    1
    慈眼寺
  • 第三十七回 平成三十年度花祭り挙行 / 「花祭り」という呼び名の起こり

    By on 2018年4月13日

    まだ境内の八重桜が満開だった、去る四月八日。 例年通り第一斎場にて、お釈迦さまのお誕生日を祝した行事・花祭り(仏誕会・灌仏会)法要を執り行いました。   当日は多くのお檀家様がおみえになり、甘茶をお釈迦さまの像

    6
    慈眼寺
  • 第三十四回 平成三十年度 花祭り開催のお知らせ

    By on 2018年3月10日

    春の気配が近づく今日この頃・・・。 今年も、花祭りの時期が近づいて参りました。   旧暦の四月八日にお生まれになったと伝えられているお釈迦さまは、 生後すぐに七歩歩き進んで「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆ

    3
    慈眼寺
  • 第二十二回 宝輪の修繕

    By on 2017年8月4日

    先日、慈眼寺の山門の軒飾りを修繕いたしました。 以前は赤サビが目立っていましたが、現在では見違えるような輝きを放っています。         船を操る舵に似たこの軒飾りは、「宝輪(

    6
    慈眼寺
  • 第二十一回 平成二十九年度 大施餓鬼会執行 / 金剛杵について

    By on 2017年7月19日

    去る七月十六日、慈眼寺の大施餓鬼会が例年通り執行されました。 (大施餓鬼会についての詳細は、「年間行事」のページをご覧ください。)   当日は日差しの強い中、多くのお檀家の皆様がご墓参に訪れ、本堂内で行われる施

    5
    慈眼寺
  • 第十四回 花祭り挙行 / 春の花々

    By on 2017年4月29日

    去る四月八日、平成二十九年度の花祭り(仏誕会・灌仏会)法要を執り行いました。 当日は多くのお檀家様のほか一般の参拝者の方もおみえになり、甘茶をお釈迦さまの像にそそぐ灌仏(かんぶつ)を行い、お釈迦さまのお誕生日をお祝いして

    6
    慈眼寺
  • 第九回 平成二十九年度 花祭り開催のお知らせ

    By on 2017年3月7日

    今年も、花祭りの季節が近づいて参りました。   旧暦の四月八日にお生まれになったと伝えられているお釈迦さまは、 生後すぐに七歩歩き進んで「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と宣言し、 龍に天か

    1
    慈眼寺