第百十七回 お彼岸のひととき

第百十七回 お彼岸のひととき

 

 

 

令和四年の秋のお彼岸も終わりを迎えました。
台風による悪天候に見舞われながらも、最終的には陽の光のもとで多くのお檀家さまがお参りをされておりました。

 

 

秋のお彼岸の風物詩である彼岸花も、艶やかな姿をみせておりました。
また来年のこの時期に再開できることを楽しみにしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨上がりには夕焼け空が…。