第百十五回 ある日の夕焼け

第百十五回 ある日の夕焼け

 

 

 

数日前の夕方、境内をオレンジ色の空が包んでいました。
夏の夕焼けはどこかもの悲しく、そして美しく感じるのは気のせいでしょうか。