Blog

  • 第六十一回 令和元年度 秋のお彼岸

    By on 2019年9月20日

    気温が三十度を上回る日々も過ぎ去り、秋の気配が見え始めた今日この頃。 今年も秋のお彼岸がやってまいりました。 それに合わせたかのように、彼岸花も日に日に芽を出し茎を伸ばしております。     幸いにも

    Read more
    0
    慈眼寺
  • 第六十回 氷川坊 覺順の史跡

    By on 2019年8月27日

          境内のイチョウの下に建つ氷川堂(ひかわどう)には、「氷川坊さん」と呼ばれた慈眼寺の第十五代住職、覺順和尚(かくじゅんおしょう)の石像が奉られています。 この像は万延元年(1860

    Read more
    2
    慈眼寺
  • 第五十九回 令和元年度 大施餓鬼会挙行 / 仏足石について

    By on 2019年7月20日

        去る令和元年の七月十六日、例年通り慈眼寺本堂におきまして大施餓鬼会を挙行致しました。 当日はあいにくの天候不良にも関わらず、たいへん多くの方々のご出席を賜わりました。 仏教徒であることを表明す

    Read more
    4
    慈眼寺
  • 第五十八回 晴れの日の紫陽花

    By on 2019年6月13日

        梅雨入り後、久々に晴れ間が覗いた13日。 境内の紫陽花が徐々に見頃を迎えています。   慈眼寺の境内には数カ所で紫陽花が咲いていますが、毎年真っ先に咲き始めるのは墓地への入り口にある

    Read more
    5
    慈眼寺
  • 第五十七回 慈眼堂橋のいま

    By on 2019年5月29日

        青梅街道沿いに位置する慈眼寺ですが、創建当時から現在の土地に建立されていた訳ではありません。 江戸時代に移転する以前は、現在地より北東部(今日における中野区中央二丁目。堀越高等学校の間近)に建

    Read more
    4
    慈眼寺
  • 第五十六回 さえずりの先

    By on 2019年5月7日

      新元号・令和を迎えたばかりのここ数日、境内の裏の方で小鳥のさえずりを頻繁に聞くようになりました。 気になったので見に行ったところ・・・         鳥の姿を見るこ

    Read more
    4
    慈眼寺